美しい肌の女性

年代別のケア

女性の横顔

しわを化粧品で予防するときに忘れてはいけないのが、年代によって違う肌質であるという側面です。
これは、20代の頃に使っていた化粧品を30代、まして40代以降の肌質に適用させることに無理があること。
反対に、40代を超えてきた人の肌質に合わせて設計された化粧品を20代のしわ対策に当てはめること事態が無理なこと。
これらの点に気をつけることが、しわに対する化粧品選びのポイントです。
年代によって違う肌質であることを忘れないこと、それは間違った製品選びで効果が出ないと悩まないために必須です。

しわ対策で化粧品を選ぶ時、考え方として適切なのは基本と応用です。
年齢を重ねるにつれて、肌の自浄作用は低下していきます。
ですから、20代の頃は基本的なスキンケアを行っているだけで十分なのが、40代にもなってくるとかなりいろいろな応用テクニックが必要になる、といえます。
20代のうちはしわができること自体が少ないため、その予防のために基本的なことをしっかり行うことが大切です。
自浄作用が優れている間は何もしなくても問題が発生することはありませんが、この時に基本的なケアの習慣ができているかどうかは将来的にダメージの表面化で現れてきます。
年齢を重ねるにつれて、代謝が低下して自浄作用がなくなっていきます。
ですから、30代にもなれば化粧水や美容液などの製品選びにこだわりが必要になってきます。
保湿性能が高いものを選ぶことで、しわ予防のエイジングケアが行えます。
40代を超えてくると、肌の保水力や弾力自体が低下して、老化現象が本格的に表面化します。ですから、まずはしわができたことを嘆くのではなく、ならばどうするかを考える必要があります。
基礎化粧品である化粧水や美容液でしわ対策に特化したものを選んだり、保湿のためにクリームを真剣に選んだり、基本をベースにした応用が重要です。


Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013

Copylight all 気になるしわは化粧品で見えなくする:女優肌演出プロジェクト reserved