美しい肌の女性

製品の選択肢

顔を洗う女性

しわは化粧品で解決しようとするとき、人によって全く問題が違うという点に注目することが欠かせません。
その問題を解決するためには、価格やブランドよりも、自分自身がなぜしわを刻んでしまっているのか、その原因と傾向から対策を練ることが大切です。
大きく分ければ表皮と真皮で対策は変わります。また、乾燥なのか筋肉なのか、それによっても必要な対策は変わります。
ですから、化粧品選びにはまず、自分のしわに注目して選ぶことが欠かせません。

しわの種類は、大きく分ければ3種類です。
表皮に発生するちりめんしわを代表とするものと、真皮に発生する深い部分での真性しわ、そして表情筋の劣化から発生する表情じわと呼ばれて分類されています。

表皮で発生するものに関しては、まず手で伸ばしてみればなくなるという特徴があります。
ですから、完走した部分に潤いを与えて、柔軟な表皮にしてあげれば伸縮性が回復することでしわも回復できます。
潤いを与えられる保湿対策を想定した化粧品を利用することで、改善できる段階です。

表皮のしわを改善せずに放置すると、真皮まで乾燥が伝達して回復できないほど深いシワになります。手で伸ばしても消えないものはまさにそうです。
こうなってしまった時には、専門の化粧品を購入して腰を据えたケアが必要です。こうならないと問題に気づかないのが人間ですが、可能な限りこうなる前に気づくようにするのが理想です。
早めのケアが問題解決に繋がるのは、病気と同じです。ちりめんしわや真皮のしわが乾燥によって発生するものであることに対して、表情じわが発生する原因は乾燥ではなく内部の筋肉にあります。
表情にともなって生成されていく表情じわは、表情筋が加齢によって劣化して、硬直しやすくなるため発生します。
ですから、根本的に筋肉を弛緩させるようにすることが必要です。
化粧品選びにおいても、表面的な対策ができるものではなく、しわの原因となる筋肉にアプローチできる化粧品を選択することが欠かせません。


Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013

Copylight all 気になるしわは化粧品で見えなくする:女優肌演出プロジェクト reserved